世の中を回していくべき人たちの頭の中のお話(そして、総選挙を考える)

総選挙の日まで、上に上げておきます。

私のブログは、FC東京系エキサイトブログの方々とお知り合いになる過程で始めたものですが、映画「ロード・オブ・ザ・リング」をきっかけに仲間になった方々や、小学校のPTA関係で一緒に組んだ方々など、さまざまな方たちが訪れてくださっているようなので、サッカーの話題だけでなく、身近なことも取り上げていきたいと思っています。

さて、先日、友人のKちゃんと、夕方、お互いに忙しい時間帯なのに、携帯のメールのやり取りで盛り上がってしまった話題は、公の組織、とくに教育関係や行政関係に関わっている人の中のリーダーである人たちや政治家の頭の中の話。
Kちゃんもリーダーの一人だけど、彼女は人の心をつかむ能力が備わっている人で、彼女のいるところ、求心力が生まれていくところがすばらしいと思う。そして、状況の分析も鋭くて、妥当。そんな彼女と、そういう話題で論議するのは、なかなか興味深い。かなりの部分で、意見は同調する。
(Kちゃん、いつも私のやってることを認めてくれて、本当にどうもありがとう!今回書いてくださったこと、ちょっと照れちゃったよ。今はもう、リーダーではないけど、たとえ一委員の立場でも、これからも、まっとうな話がちゃんと通るような地域社会であるように、微力ながらも、闘って行こうと思ってます!よろしくね!)

昔から、「神輿は軽いほど、担ぐのが楽」というけれど、担いでいる、即ち、裏であれこれ画策している奴らの思惑通りに、いいようにされてしまうTopというのは、あまりにも、悔しい。
現実に、適当な団体の代表だからとか、周りから文句が出ないいい人そうだからといった理由で、要職に祭り上げられた人が、会議などで的外れな言動をして、鼻白む思いを持つことが多い。
今、眼前に横たわる問題を把握しているのか!?と詰め寄りたい気分になる。

さて、それで、今回の選挙のことである。
初めに言っておくが、、私は、恥ずかしながら(と言うべきかどうかわからないが)、支持政党がない。
いわゆる、無党派と称される有権者の一人である。
しかし、無党派と言っても、政治に興味がないのではなく、政治に対する関心は、かなり大きい。積極的な無党派とでもいうのであろうか。
だから、自分の選挙権は、有効に駆使したいと望んでいる。

今回の衆議院の解散→総選挙が、小泉陣営は、あたかも、郵政改革法案が参議院で否決されてしまったから、やむを得ず、民意を問うために、解散したという構図にしようと必死になっているが、私には、この選挙が、前もって仕組まれた選挙のような気がしてならない。
つまり、日本を回していく立場の小泉首相が、もっと自分がやりたいようにできるように、始めから、自分に反対する勢力を、排除する事を目的にして、この総選挙を仕組んだとしか思えない。





まず、1つ。

実は、2年前、私が関係していたある学校が、創立130周年を向かえ、賑々しく、創立130周年のお祝いパーティをしようと企画していた時、その主催者メンバーの一人の方が頭を抱えて、やってきた。
その時は、まだ世間では、総選挙について、噂しか流れていない段階だったのに、自民党支持者のその方は、選挙が本決まりになったことを我々に告げ、具体的な日にちまで把握していて、創立記念パーティの翌日が選挙だから、パーティ会場が投票所となるので、選挙前日の準備の為に、パーティを早めに終らせなくてはならないと言い出したのだ。
その時点で、関係者のほとんどが半信半疑。
しかし、1週間ほど経った時、総選挙は、そのメンバーの方が言った通りに、決定した。
つまり、選挙をする事は既定の事実で、自民党の支持者には、早々に選挙の具体的日にちまで示して、選挙準備に入るように、指示が出ていたということだ。

そして、私は、今回、また、同じような経験をした。
郵政民営化法案が、衆議院で僅差で可決されたすぐ後、私は、ある公的な機関の会議に出ていた。(その公的な機関がどこなのかは、伏せておいて欲しいと指示を受けたので、口外するわけにはいかないのだが)
その会議が終る頃、次回の会議についての言及があったとき、事務局が、「どうやら総選挙になるそうなので、選挙準備に入るため、次回の会議の日程が組むのはもう少々お待ち下さい。」と言ってきたのだ。
まだ、参議院にさえ、図られていないというのに、選挙準備!?
つまり、この時点で、既に、参議院で法案が否決される事を見越して、首相の近辺は、選挙を選択していて、関係各所に、選挙を行う方向である事を示唆していたという紛れもない事実である。

そして、もう1つは。
郵政民営化に反対した議員たちに対する「刺客」と言われる候補が、実にタイミング良く、次々と現れたことである。
例え、候補を広く公募したと言っても、たくさんの公募者の中から、現執行部に忠誠を尽くしてくれる候補者を搾り出すのには、並大抵ではない時間を要するはずである。
しかも、目玉となる大物候補が、一朝一夕で決まる訳もなく、説得にそれなりの時間を費やしたはずである。(というか、今の仕事と立候補について深く考えてから立候補してくれないと困る。そんなに、容易く、今の仕事を捨てられるような仕事しかしてないヤツに、日本の未来が任せられるか!)
よほど、以前から、候補者に打診していたはずである。
つまり、この点から見ても、この解散・総選挙は、用意周到に行われたものに違いない。

そもそも、郵政民営化案が、本当に日本のすべての行政の改革に繋がるかどうか…
小泉首相の父親が郵政大臣だったとき、改革しようとして拒絶された、その私恨から郵政改革にこだわっているのでは、といううがった見方もあるらしいが。
何より、この官僚天国の世の中で、その官僚の力に全面的に頼って政治をしている政治家たちが、官僚と本気で事を起して、行政改革をするとは考えにくい。
それに、もし、小泉首相の任期が切れ、別の首相になったとき、「そんなこともありましたっけ~」なんてことになりかねない。
そして、選挙公約や選挙を乗り切るためだけのスローガンには、欺瞞が満ちていて、選挙が終ると共に、潮が引いていくように、建設的な意見は消えていく。
今までにも、同じようなことが、呆れるほど、繰り返されてきたから。
政治不信が政治離れを促進している。
それを何とかしなくてはならない。
[PR]
by estertokyo | 2005-09-11 00:00 | 思いつくまま


FC東京と、「ロード・オブ・ザ・リング」の野伏・アラゴルンのヴィゴ・モーテンセンを愛してやまないギンちゃんがお送りする、サッカーとおいしいもの中心のブログです。(ちなみにロックグループとは無関係)


by estertokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳



カテゴリ

全体
FC東京―観戦
FC東京ー萌えwwなポイント
FC東京―あれこれ
FC東京以外のサッカー
トーチュウ
ヴィゴのこと
うちのおかず
おいしいもん
ロード・オブ・ザ・リング
思いつくまま
お出かけ
今日のお弁当
業務連絡
未分類

以前の記事

2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ライフログ


憲法九条を世界遺産に


トーキョーワッショイ!―FC東京99-04REPLAY


彩雲国物語―はじまりの風は紅く


新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1


指輪物語 (10) 新版 追補編


ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション


ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション


リラックマ生活―だらだらまいにちのススメ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧