カテゴリ:FC東京―観戦( 65 )

3デカトップ2小っちゃい子シャドウ v.s.ヴィッセル戦雑感

ついに、ついに、城福東京が、初開幕戦を迎えました。
また、生活の中にサッカーのある幸せを感じる日々が戻ってきました。
d0045945_18434915.jpg

受験のため、昨期の試合を心ゆくまで楽しめなかった子ギン姉は、久しぶりの試合に、気合を入れて私より先に家を出て行き、駅からご一緒した某氏によると、まるで自分が初陣を迎えるかのように緊張していたのだそうだ。
子ギン妹は、期末テストが月曜日まであるので、開幕戦だというのにかわいそうに欠席。

味スタでは、旧知の方々のみならず、この前の青赤な会で初めて出会った方たちと早速、遭遇し、横のつながりの広がりを実感して、改めて、あの会を開催してくださった方々に感謝しました。

さて、このエントリーのタイトル。
『ジェットコースターサッカーにようこそ!』
と、どちらにしようかと迷ったくらい、息をつかせぬ試合運びでした。
頭も、目もフル回転。90分間いろいろな神経を使いっぱなしで、疲れたぁ~~!!
しかも、ワクワクするサッカーだから、応援しながら、ずっと飛び跳ねちゃって、今日なんて、足がチョー筋肉痛~
見ているサポーターも体力鍛えろ!ですか?城福監督!?
ちょっと荷物が倒れたからって、下を見てたら、もう、歓声が沸くし。
だから、前半開始10分で、ちょっと席を外して(だってね、すごい照りつけだったでしょ?選手が練習に入ってきてしまいそうだから、売店の長蛇の列に業を煮やして、水分補給の飲み物を買っておかずにいたら、試合が始まっちゃったから、干上がっちゃう~と心配になってしまったんですもの。)
帰ってきたら、
「あ~、今、塩田祭りだったの、見逃した~」
ってなるわ、後半、子ギン姉が化粧室に立って戻ってきたら、
「あれ?1点取られてるしorz」
ってなるわ。

試合早々、カジヤーマが、いきなりボールを失ったのを見て、あっちゃ~と思ったら、やっぱり今ひとつでしたね。
エメルソンや羽生が走り回って、いろいろなところに顔を出し、ワンタッチでパスを出したり、相手を引き付けたり。私の周りでも、「羽生、素晴らしいww!エメルソン、当たりだねww」という声が多かったです。
今ちゃんが全く消えているのに気付いて、私が「あれ~?ボールが今ちゃんのところを素通りしていくよ~」と言った途端、今ちゃんがシュートを決めて、みんなで「消えていても、ちゃんとやるときゃやるのが、今ちゃんだねww 一つ仕事したねww」と笑いました。
カジヤーマも今ちゃんも、A or五輪代表で、このチームで本格的に連携を組んだのは、まだ2週間足らずで、羽生みたいに走りながら考えるサッカーにまだ馴染んでいないからでしょうね。今後の努力に期待しますよ!

それと対照的に、驚かされるほどの順応振りを見せたのは平山。あんなに、足元に収まる平山を見たのは、私、初めてです。守備も頑張っていたし。
ただ、守備を一生懸命なのはいいのだけれど、あそこまで下がる場面が多いと、最後の方は疲れてしまって、ゴール前に間に合わないことが多かったように思います。

トクと長友とナオは、いいところが多かったのですが、共に、ポカもあって、勢いだけではなく、もっと精度を磨いて欲しいですね。

カボレは、出てきたな~と思ったら、あっと言う間にゴール前に来ているし、もう、私はわ~っとなっていて、何がなんだかわからないうちに終わってしまって…もう、ちょっと今度は冷静に見ます。

そして、大竹!
もう出てきていきなり、本番でもCKを蹴っちゃう、強心臓!
高校の卒業証書と引き換えに、Jリーグデビューという大きな勲章を手にしましたね。

そして、羽生や大竹、エメルソンだけではない、東京の小さい人、フジさん。
今日も、効いていました!
トーキョーの小っちゃい子をなめんなよ~♪
カウンターを何度も防ぎ、前線にボールを送り返す姿に萌えww
でも、レアンドロの突破を許す場面もあったので、正直、ちょっと冷やりとしましたよ。

最後に、城福監督。
カジヤマを下げて、ユウスケを入れたときには、私の周りはどよめいていましたよ~
あんな、デカいのばかり3人FWを揃えたのなんて、東京史上見たこと無い!
帰ってきて、MXの録画を見て、城福さんのあまりものかっこよさに思いましたよ~、こりゃ、絶対、城福氏ファンが確実に増えるだろうな、と。
我が家だけで、すでに二人キュン死にしました~
今ちゃんの、秘密練習の成果の得点に、小さく、でも鋭い速さで、腰のところで、くっとガッツポーズをしたのを見逃しませんでしたよ!

右肩上がりのチーム。
本当にそうなるといいのなぁ~
[PR]
by estertokyo | 2008-03-09 18:43 | FC東京―観戦

やれるなら、出し惜しみしないでください

d0045945_15312666.jpg


昨日の試合は、見ごたえありましたねぇww
軽やかなパス回し、中盤のボールの支配、プレスを前からかける。
あんな風にちゃんとできるなら、出し惜しみしないで、いつもやっちゃってくださいよ。
やれば出来る子なんですから~

このところ、酷い試合ばかり見せ続けられたから、気持ちの良い攻めっぷりに、爽快感すら感じられて、思わず、「あれ?試合、勝ったんだっけ!?引き分けだっけ!?」って思っちゃったじゃないですか~
そんくらい展開のよいしあいでした。

でも、よく考えると、負け試合だったんだよね~

↓で、おてんとうさまに、「風鈴は我慢します」って言ったのに、

d0045945_15354066.jpg

子2が、一発で当てちゃった時から、やっばーとは思ってましたが(滝汗)

それでも、今ちゃんのボランチが見たかったよ~(T.T)

内容の良さも大事ですが、降格をハラハラドキドキしなくていいように、結果を出してくださいね!


新潟県中越沖地震の募金は、始めは、このお二人
d0045945_15325859.jpg

後からクリちゃん
d0045945_15332756.jpg

三人とも、もう少し、赤い羽根の共同募金みたいに、「ご協力おねがいしま~す!!」って、声出しすれば、もっとみんなに振り向いてもらえたんじゃないの~?

出場選手の紹介で、李クンとのところは、ブーイングではなく拍手だったので、子2はひたすら萌えていたのは、ここだけの話。
d0045945_15422397.jpg

[PR]
by estertokyo | 2007-08-19 15:42 | FC東京―観戦

おてんとうさま、お願いです!

1年に1度は、大輪の花火を見たいので、今日は雨を降らさないでください。




それから、もう一つ、お願いがあります。

今ちゃんを、ボランチに戻してください…

そのためなら、風鈴が当たらなくても、我慢します。
[PR]
by estertokyo | 2007-08-18 11:40 | FC東京―観戦

磐田には、試合を観に行ったのではなく

日韓W杯の時の日本代表のベースキャンプ地の見学と、浜松B級グルメを満喫しに行った旅ですけど、何か?

試合前に携帯のおふぃさるの発表で、中断前とほとんど変わらない布陣で行くとわかっていたせいか、浜松のホテルにチェックインしてから磐田に向かう間も、試合会場に着いて試合が始まるのを待っている間も、ワクワクした気持ちが起こらず、何となく嫌な予感に襲われていました。

・どうして、ルーカスのワントップにこだわるのかが、ど~してもわからない。ボールを追いかけてどんどん下がってしまうルーカスは、1.5列目の方が向いていると思うのは、私が素人だからでしょうか?もっと前でボールを受けるFWが必要だと思う。「ここでボールを受けるFWが必要なのに!」と思う時、居るべきFWが下がってしまっていて、上がってきた中盤がバタバタしている時がありませんか?FWらしいFWが居て初めて、ルーカスのような動き回る選手が効いてくると思いますが。

・他のチームができる、前からのプレスを、どうして東京はできないんでしょうか?余りにも簡単にセンターラインを越えさせてしまっているように感じます。もっと、ボールが相手陣内にあるうちに奪いに行くがつがつとしたところが見たい。特に、「プレスかけないとやばいから、形だけプレスに行っときました~」的なプレスのかけ方をする選手が居て、本当にムカつきました。本気でボールを取りに行っているのかどうか、スタンドで見ていりゃあわかるんだよ、ゴルァ!!

・相手チームにはかなりの確立でチャンスになるスローインが、東京はあんなに下手でチャンスにもっていけないのはなぜ?東京が相手陣内でスローインをもらうと、なぜか相手に奪われてカウンター食らうことが多いですよね?磐田戦でも、相手が奪いに来ている所に無理に投げ込んで、「あ~取られちゃったorz」というシーンを何度も見ました。もうちょっと確実に通るところに投げればいいのに。

・中盤が、何だかぐちゃぐちゃ、あたふたあたふたしてることが多いのはどうしてでしょうか?相手の連動したパス回しに比べると、ちょっとお粗末で、視野が狭いなと感じる。きちんとした約束事と言うか、そういうの、無いのかな~?

・逆に、DFは横パスが多すぎ。あれでは、「攻めあぐねてます~」と言っているようなもの。挙句に上から見ていると最も通しづらいところから攻めようとしてボールを奪われ、カウンターを食らうし。

・平山はいつもよりはよかったのかもしれないけど、相変わらず球際が、お世辞にもお上手とは言えなくて、ジュビサポにまで失笑を買っていましたね(@バクスタ)競っても、「その上背ならもう少し何とかなるだろう~」というボールも競り負けてたし。PKだって、サポーターにあれだけドキドキさせる人はいないよ~もっと信頼されるFWになってね。

・明日は、メンバーを入れ替えると、原監督は示唆したそうですが、中断中に、一体どれだけの挽回策を練ったのか、甚だ疑問です。選手の中でも、以前のような原監督に対する求心力―原監督のために頑張るというような―が無いように感じるのは私だけでしょうか?このちぐはぐな雰囲気を何とかするのが監督の役目なのに……

ちなみに、前節、私が最も悔しかったのは、お手洗いに行っていたために、赤嶺のゴールネット直しを見ることができなかったことですが、何か?

後は、旅の記録

More
[PR]
by estertokyo | 2007-08-18 01:55 | FC東京―観戦

明日、一足お先に、出発しま~す!!

今年の夏休みは、中学受験を終えた子2はゆっくりと遠くへ行きたがったものの、来年早々、大学受験を控えた子1がいるギン家では、またまた遠出は不可能で、どこに行こうかなと考えていたところ、ちょうど夫の夏休みと被って、FC東京の磐田アウェー戦があるので、またまた静岡方面への家族旅行となりました。

アウェーツアーの皆様よりは、一晩早く、明日の午後、新幹線で掛川まで行って、東海道線に乗り換えて袋井で一泊します。

翌日は、レンタカーで、途中、浜松餃子を食べて浜松入り。ホテルに荷物を置いて、受験生&お付きの夫は試合ギリギリに来るので、子2と私が先に、磐田まで電車に乗って、ヤマスタ入りです。

去年もお世話になった、静岡県のグルメガイドサイト@エス

磐田おふぃさるのヤマスタへのアクセス
[PR]
by estertokyo | 2007-08-13 23:42 | FC東京―観戦

君は、キャプテンの涙を見たか? v.s.鹿島戦

明大前リヴリ、初見参!!
対 鹿島戦の観戦に、こちらの方からお誘いを受けていた、明大前のスポーツカフェバー リヴリに行って参りました!

以前から、私のブログをご覧の方はお気付きだと思いますが、ギン家は、今どき、チョー珍しい亭主関白な家庭で、家族の都合では、何しろお父が最優先。だから、ホームの試合でも、試合から帰ってきて夕食の支度をする時間とお父が帰ってくる時間を計算して、行けるかどうか決めています。
だから、お父が、飲み会やら勉強会やらで居ない日は、喜び勇んで味スタに駆けつけるって訳です。お知り合いの皆様は、私が満面の笑みで、「今日はお父が飲み会でいないの~~ラッキー!!」と言うのを、何度かお聞きになったに違いない。
リヴリ行きもしかり。だから、今まで行きたくても、なかなか都合が付かなかったのです。
でも、一昨日は、朝から、今日はリヴリに行くぞ!と心に決めて、早めに夕食の支度やお風呂の掃除をして、万全を期して、リヴリに出かけて出発!

場所をしっかりチェックしないで出かけてしまって、宿題がたくさんあったため留守番をすることにした子2に、携帯でどうしようと泣きついたら、リヴリの位置をYahooで調べたのを写真に撮って、写メで送ってくれて… 気が利くようになったねぇ~子2よ。

鹿島戦は、見ごたえがありましたねぇ~お誘いをいただいて、リアルタイムで観戦できて、本当によかった!

前半の悪い展開を、今までならずるずる引きずって、スパイラルに嵌ってしまうことが多かったのが、そこを耐えて、後半早々のルーカスの同点弾で、しっかり断ち切って息を吹き返し、盛り返すことができたところが、鹿島戦の何よりの収穫だったのではないでしょうか。
今まで、下位チームに対しては逆転することができても、上位チームに対しては何となくうまく回すことができないなぁと思っていたのですが、現在3位の鹿島に対して、攻められても踏みとどまることができたというのは、選手たちにとっても、応援するサポーターにとっても自信に繋がったと思います。

inadafctokyoさまも書いていらっしゃいますが、スカパー観戦者には、楽しいおまけがついていましたね。
サポーターに挨拶に行く時に、PKになったファウルプレーを原監督に必死に説明するモニ、遠藤雅大氏の試合後の監督インタビューで、茂庭について聞かれ、「茂庭ねぇ~」と苦笑する原監督が、そのすぐ後に、平山についても聞かれ、また「平山ねぇ~」と同じ口調で苦笑する、など爆笑ポイントがあり、アウェーでの鹿島に対する勝利だけではなく、これが見られて、本当にリヴリに言った甲斐があったというものです。

そんな楽しい時間を過ごして家に戻り、「お母さんだけ鹿島戦リアルタイム観戦ずるいビーム」を、子二人から浴びせられつつも、充実した気分で夕食を楽しみ、いつものようにソファーでうたた寝をして、はっと気付くとスパサカはとうに夢の中で終わってしまい、スポルトの時間となっておりました。
そろそろ寝なきゃぁ~なんて言いつつ、歯を磨きながら子1と共に、のんびりスポルトを見ていた私の胸を鷲づかみにしたシーンが!!
それは、試合後の挨拶が終わった途端に倒れこみながら嗚咽、号泣する、キャプテン・今野泰幸の姿!!
たとえ、勝利したとしても、あの、自分のミスによって鹿島に献上してしまった1点が、今ちゃんには許せなかったのでしょう。
今ちゃんよ、君の悔し涙が、きっと、君を男として成長させることだろう。
フォルツア!今ちゃん!!!
[PR]
by estertokyo | 2007-07-02 14:28 | FC東京―観戦

キャプテンの逃げ足は、チョー速かった

d0045945_23552720.jpg

キャプテンは、どーしてもやりたくなかったのだ、“シャー”と言われるパフォーマンスを。
そんなことより、「勝って兜の緒を締めよ」という思いをみんなに伝える方が、彼には大事なのだ。
浮かれているサポーターに、浮かれないでくれと言う方が。
そして、“シャー”をすることは、彼のシャイな性格が許さないのだ。



昨日、スタジアムに向かっている時は、正直言って、このところ、チームを鼓舞しようと孤軍奮闘していたように見えた(それを、空回りとか我がままと評する意見もあって、ちょっと哀しかったりしましたが)ナオが、「このくらいの怪我なら、何とかなる!」的な発言をして、出場を懇願していたのに&しかもナオはお誕生日なのに、メンバーに入ってないと知り、少し気持ちが萎えてました。
でも、始まってすぐ、トクが積極的にミドルを打つのを見てから、チームが躍動している感じがして、ワクワクしましたよね。
「これ、これ、私が見たかった東京のサッカーは、これなのよww」と叫びたかった人、はい、いますよね!?
前線の4人+カジヤーマが、縦横に動き回り、決してあきらめず、走り負けず。
みんながよかった!

More
[PR]
by estertokyo | 2007-05-13 23:57 | FC東京―観戦

大事なことを書き忘れた

藤山 竜仁さま

あなた、歳を取って、さらに進化してます。すごいです。
もしかして、若返ってます?
[PR]
by estertokyo | 2007-05-04 12:44 | FC東京―観戦

今のままでいいのかのう~(v.s.鹿戦)

このところ、子1の学校のPTA委員の仕事とか、J:COMの工事が2回も必要になったり、その事で何度も何度もやり取りしたりと、普段の事に加えていろいろと重なって、すごく忙しかったので、溜まりに溜まった家事を片付けてから家を出たら、もう、日当たり良好どころか爆発状態の、鹿サポの直横の席しか空いてなく、鹿サポの大声援を常に耳にしつつ観戦、というとんでもなくウザイ状況での観戦になってしまいました(´Д`)

やっぱり国民的休日はお早目に、だね(;-_-+

それにしても、3万人も入ったんだから、上層のホーム自由席を大型映像機のバクスタ側まで広げて、お客さんを座らせてくれればいいのに。
鹿の応援の余りものうるささに閉口して、上に逃げたくなりましたよ。

そりゃね、勝ってたら、気にならなかったと思いますけど!

More
[PR]
by estertokyo | 2007-05-04 12:14 | FC東京―観戦

次の試合は、もう、今日になってしまいましたが(汗)

あの時、あの、絶妙な位置でFKを取られてしまった瞬間、「あぁ~、きっと、これで1点取られてしまう~~」と思った人、

「はーい!」

はい!あなたも、あなたもですね!?

何で、いつもの負けパターン――攻めても、攻めても、攻めても、ゴール前のあと一歩に阻まれ、ゴールに至らず、あっという間のセットプレーで失点――を繰り返すんでしょう~~~!!

ということで、感想。。。
・今ちゃんとタカシがうまくいってないように見えた。後半、私の居たところから、タカシが
 今ちゃんに何か要求したのに、今ちゃんがそれを無視したのか気付かなかったのか、
 とにかく、その後、タカシが今ちゃんにすごい形相で睨みつけるのが見えた。
 二人の試合後が、ものすごく心配になった。

・ま、それも、今ちゃんの調子がすごく悪かったからなのか…?

・原監督~、ナオを下げてヒラヤマンはないでしょ~~orz あれで、サイドのイノーハの
 負担が大きくなっちゃったよ~ しかも、ヒラヤマンとチョぺを並べるなんてあり得ないと
 思うのですが。どうですか?

・ミネミネはどうした~!!!ベンチにも入れないなんて、それじゃ、赤嶺が頑張る気が
 なくなっちゃうじゃないか~!!

西、サイテー!!!さんざんピッチの中で痛がって時間を取ったくせに、担架に乗せら
 れて、外に出た途端、担架を下ろすより先に、ひょこっと立ち上がってorz
 淑女にあるまじき、思いっきり汚い言葉をお見舞いしてやりましたわ~

<緊急・追記>
西選手には、心よりお見舞いを申し上げます。
磐田サポーターではないので、磐田オフィシャルをチェックしている訳ではありませんから、西選手が骨折をしていたとは全く存じませんでした。
あの時、ピッチの中での様子と、サイドラインに着くか着かないかでヒョコッと立ち上がった様子とが、余りにも違っていたので、バックスタンドのちょうどあの辺りに居た東京サポーターは、思いっきりブーイングをしました。確かに、あの後のプレーで、西選手は足を引きずっていたかもしれませんが、正直、気に留めていませんでした。東京の選手ばかり見ていましたので。
それでも、 ド田舎のサイテー男サポ さまのように、磐田サポーターの皆様からしてみれば、骨折してまでも、闘志を見せて最後まで戦った選手を、このようにこき落とされては、不愉快に思われることでしょう。お詫びを申し上げます。
あくまでも、私が申し上げたかったのは、サイドラインに着いた途端の、手のひらを返したような態度のこととご理解いただければ幸いです。

[PR]
by estertokyo | 2007-03-21 09:36 | FC東京―観戦


FC東京と、「ロード・オブ・ザ・リング」の野伏・アラゴルンのヴィゴ・モーテンセンを愛してやまないギンちゃんがお送りする、サッカーとおいしいもの中心のブログです。(ちなみにロックグループとは無関係)


by estertokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳



カテゴリ

全体
FC東京―観戦
FC東京ー萌えwwなポイント
FC東京―あれこれ
FC東京以外のサッカー
トーチュウ
ヴィゴのこと
うちのおかず
おいしいもん
ロード・オブ・ザ・リング
思いつくまま
お出かけ
今日のお弁当
業務連絡
未分類

以前の記事

2011年 09月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ライフログ


憲法九条を世界遺産に


トーキョーワッショイ!―FC東京99-04REPLAY


彩雲国物語―はじまりの風は紅く


新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1


指輪物語 (10) 新版 追補編


ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション


ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション


リラックマ生活―だらだらまいにちのススメ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧